イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

オルゴナイト :マイナスイオンの根源(1)


マイナスイオンが私たちの健康に与える影響について

マイナスイオン、陰イオンとは何でしょうか?「単なる物理用語、化学用語だから、私には関係ない」、そう思っておられるかもしれません。しかし実は、私たちの誰もが同じように関係しているのです。その訳をご説明しましょう。

私たちは生まれたときから、毎日イオンに触れています。イオンは私たちを囲む大気に、必ず含まれるものだからです。空気中のイオンには、プラスの陽イオンと、マイナスの陰イオンの2つの極があります。私たちが1日あたり15kgも「食べている」空気の中に、イオンは含まれているのですから、どんな薬も食べ物・飲み物も、イオンほどの量を消費することは一生かかってもありえない、ということになります。イオンが私たちにどのように影響を与えるかは、陰・陽のバランスによって変わります。

ここ数年間で、イオンの不均衡が人々の健康に与える影響の重大性が、決定的に証明されました。科学者たちがすでに長年の間、事態の深刻さに警鐘を鳴らしていたにもかかわらず、文明病と呼ばれる各疾病やアレルギー、呼吸器や精神の疾患があまりにも急激に増加したため、専門家は再びその原因究明を余儀なくされました。そしてその結果、驚くような事実が明らかになったのです!

健康を害する犯人として、薬品汚染など以前から知られる原因の陰に、もうひとつの毒がひそんでいることが分かりました。目にも見えず、においもなく、測ることもできないがために、その存在はかえって悪質なものです。その毒とは、有害なイオン、すなわちプラスイオンが多い環境に、人体をさらし続けることです。近代文明の利器は、そのすべてが有害なイオンを生み出していると言えるでしょう。
vodopad.jpg
プラスイオンは人体に有害なイオンであり、特に気密性の高い建物の中や、汚れた街路、ムシムシと息苦しい感じのする夕立の前などに増加します。

自動車、産業スモッグ、化学繊維、電波塔、オゾンホール、温室効果、テレビ、ディスプレイ、蛍光灯、コピー機、レーザープリンタ…。こういったものすべてが、正常なイオンバランス(今では自然界のごくわずかな場所でしか見られなくなりました)を完全に崩し、健康に有害な環境をつくり出しているのです。

一方マイナスイオンは、私たちに恵みを与えるイオンであり、「空気中のビタミン」とも言われています。滝や海のそば、早朝の森林などには、マイナスイオンが多く存在します。こういった場所の空気はさわやかで、人々はリラックスし心身を休めるために、このような場所を求める傾向があります。1立方センチメートルに少なくとも800のマイナスイオンが含まれる空気を吸うことが、人間には必要です。自然に囲まれた環境では、その濃度は1立方センチメートルあたり5万にも達しますが、室内ではほとんどゼロになってしまいます。

オルゴナイトの販売ギャラリーはこちら>>

しかし実際、私たちが1日の大半を過ごすのは室内です!私たちは室内で仕事をし、勉強し、眠ります。有害なプラスイオンが多くなると、頭痛や高血圧、イライラ、疲労感が起こることが証明されており、敏感な人では数週間でアレルギーや喘息、うつを発症することもあります。

*続く*



日本語訳:スピリチュアル・ルネサンス編集室
Copyright © AXIS MUNDI


シュンガイトの販売ギャラリーはこちら>>

関連記事: 

オルゴナイトにはどんなことが出来るでしょう?

同様に、オルゴナイトはあらゆる場所で人々の非常に否定的な思考や感情から発生した破壊力を無害化することができます。

シュンガイト: 奇跡的な治療効果をもつ驚異的な石

シュンガイトは20億年前にできた炭素の合成鉱物でその世界のただひとつの鉱床は、北西ロシアのカレリアと言う地方です。シュンガイトには珍しい構成、構造、物理的や科学的性質、謎めいた起源そして幅広い利用性があります。