イベントのカレンダー

  • 11
  • 12
東京・名古屋・京都 ::: 2017年11月12~19日来日!
  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日!

由美:オルゴナイトは何?

オルゴナイトとは特殊な製法でつくられた場を調整する製品です。環境中のネガティブで有害なエネルギーをポジティブなオルゴン・エネルギーに転化すると言われています。

その仕組みは、有機物(樹脂等)は生命エネルギーを吸収し、無機物(鉄等)はエネルギーを放射するというものです。これらの2種類の物質をくっつけるようにして同時に使うことで生命エネルギーを効率よく吸収し、ポジティブに転化されたオルゴン・エネルギーを放射するのです。

ではオルゴン・エネルギーとは何でしょうか。オルゴン・エネルギーとはオーストリア出身のウィルヘルム・ライヒ博士がその存在を提唱し発明したと言われる、すべての物質や空間に存在する生命エネルギーのことです。気功でいう「気」に相当するエネルギーです。

そして実は「オルゴン」とは「オルガズム」から名付けられています。

私たちが生きていくうえで「性」は欠かすことのできない要素です。
ライヒ博士はフロイトの弟子であり、フロイトが提唱した「性欲一元論」をさらに拡張して現代社会では抑圧されてしまった「性」を解放すれば社会的な問題はほぼ解決してしまうと主張しました。エネルギーの流れが様々な要因(抑圧)で妨げられると身体的な、あるいは精神的な症状が現れるという理論を、彼は提唱したのです。本来、性欲は純粋な生命エネルギーであり愛と喜びをもたらします。

ライヒ博士は後にフロイト主流派の反発を招き、アメリカに逃れて行くことになります。

彼はアメリカでこのオルゴン・エネルギーを集める装置「オルゴン・アキュムレーター」という集積器を発明しました。この装置の中は高濃度のオルゴン・エネルギーが満ちていて人が入れるようになっていました。その中に病気の人が入ると、その人の生命エネルギーが上昇して、病気が快方に向かったそうです。しかし、この装置が法律違反ということで彼は監修され、獄中で帰らぬ人となりました。

ライヒ博士の研究はその後完全に抹消されますが、スピリチュアルな人々の中にその教えを受け継ぐ人たちがいて、1990年代、カール・ハンス・ヴルツシは金属片を樹脂で固めることによりネガティブなオルゴン・エネルギーをポジティブなオルゴン・エネルギーに変換するオルゴンジェネレーターを開発しました。彼はこれを「オルゴナイト」と名付けたのです。

スピリチュアル・ルネサンス編集室
Copyright © AXIS MUNDI



電磁波、ジオパシックストレスゾーン、設備の放射を抑え、水、土、空間を清め、マイナスイオンのポジティブなエネルギーを吸収し流すオルゴナイトは日本で何故あまり知られてないでしょうか。それを変えるため、これからスピリチュアル・ルネサンスでオルゴナイトについてたくさん情報を載せる予定です。

お楽しみください


ロベルト・ヤノフスキー
スピリチュアル・ルネサンス

オルゴナイトの販売ギャラリーはこちら>>

関連記事: 

オルゴナイトにはどんなことが出来るでしょう?

同様に、オルゴナイトはあらゆる場所で人々の非常に否定的な思考や感情から発生した破壊力を無害化することができます。

基本的なオルゴナイトの紹介:TB(タワーバスター)

TBをポケットに常に入れていたり、手に持っているとき、体に生命エネルギーがチャージされ、身体の解毒やあらゆる癒しを早めます。その場合、具合が悪くなったり、頭痛、疲労感を感じることもあります。

シュンガイトのピラミッド

シュンガイトのピラミッドでは天然の石と形が相互作用して全体的な効果を強化します。
ピラミッドのジオパシックストレスの影響を遮る能力は一般的に知られています。
シュンガイトには原理放射線を吸収する膨大な能力があります。

モルダバイト:不思議な宇宙の涙

モルダウ川*の名前を受けた、半透明で緑色の鉱石はボヘミアンガーネットと一緒にチェコのシンボルとなる鉱石です。
モルダバイトの起源は秘密に溢れているものです。
小惑星の衝突によって、溶けた鉱物なのか、月の破片か、それとも宇宙人の訪問、または昔の爆発の形跡なのでしょうか。