イベントのカレンダー

  • 9
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年秋来日予定
  • 10
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 10月来日予定
  • 11
  • 17
東京・名古屋・京都 ::: 2018年11月来日予定  

イワンさんが語るソマヴェディックの特徴【Ⅲ】

イワンさんが語るソマヴェディックの特徴

驚きの機能と多彩なメリット

———————————————

●その場所を「エネルギー・シールド」し、悪想念を跳ね返す

ソマヴェディックがあると、その場所に「エネルギー・シールド」が作られます。
例えば、職場にソマヴェディックを設置するとして、悪想念を持つ人が多い場合は、「ソマヴェディック VS 複数の人の悪想念」という図式になります。
ソマヴェディックのパワーと彼らの想念がバトルすると、どうなるのでしょう? 実は、どれだけたくさんの人が悪想念を発していようと、問題ないのです。怒りであれ、呪いであれ。
それは、このような実例がいくつもあるからです。

********************************
悪想念がケガや病気として跳ね返った同僚たち

警察に勤めていたある人は、仕事でかなりのストレスがかかっていました。彼はチームで働いていましたが、その中の2人は彼のポジションを狙い、彼を責め立てていたのです。
私は、彼の職場には「クァンタム」が必要だと判断し、使用することを勧めました。
「クァンタム」を設置して2日後、あの2人のうちの1人は足首を骨折し、もう1人は肺炎になり、救急車で運ばれました。
2人は、日頃からネガティブな想念を発していたわけですが、「クァンタム」の働きにより、その想念が自らに跳ね返ってしまったのです。
********************************
dscf1221.jpg














●ライトを着けっ放しにする3つの理由

《 理由1/ソマヴェディックのパワーを絶え間なく発生させるため 》
本体の中には、鉄・プラチナ・金・銅・パラジムが入っています。その他に19種類のパワーストーンも。
ソマヴェディックが丸い形であることにも、意味があります。エネルギーをスパイラル状に回転させて、空間に広げるためです。パワフルなボルテックススポットのようなものです。
また、ライトの色にも意味があります。

********************************
●青色/部屋の中でさまよっている魂(浮遊霊)を引き寄せ、青い光を通して、光の次元へと導きます。
●マゼンタ/空間や体内の連鎖球菌(細菌)を処理します。
●白/特別な意味はありません。

********************************

このようなソマヴェディックの機能を発揮させるには、明かりをずっと付けていることが必要なのです。

《 理由2/ネガティブなエネルギーを地中へと流し去るため 》
ソマヴェディックのライトを灯すことにより、本体から壁へと延びる電源コードを通して、空間中のネガティブなエネルギーを地中へと流し去ることができます。
そのためにも、着けっ放しにする必要があるのです。

《 理由3/ソマヴェディックが正常に機能しているのが分かるため 》
ずっと発光させていることで、ソマヴェディックが正常に機能しているという目安になります。
もし、ライトが消えたら、「ソマヴェディックに問題が生じた」というサイン。ネガティブなエネルギーの負荷がかかりすぎて、それ以上は処理できない状態になったことを意味します。
dscf1206.jpg














●ライトの変色はソマヴェディックがオーバーヒート状態

ライトが消えなくても、使用するうちに、ライトが本来の色から別の色へと変色することがあります。
そのようになってしまった「ハーモニー」が、10台くらいあります。これは、購入者が設置した場所に「ハーモニー=調和が足りない」から。
「ハーモニー」という装置側からすれば、通常の処理能力を超えるような、過剰な処理を求められ続けている状態です。車がスピードを出し続けて走っているうちに、エンジンの調子が悪くなった状態を、ライトの変色という形で知らせているわけです。
ちなみに、「メディック」に限り、ライトの色が変色することはありません。

では、例えば、ケンカが絶えないような家庭=ハーモニーの足りない場所では、ライトの色が変色しやすいのかと言えば、ケンカは、まだ問題ないレベルです。
それよりも、過剰な負担がソマヴェディックにかかるのは、この装置が所有者を一気に全力で守るようなケースです。

********************************
自らを破壊するほどのパワーで所有者を事故から守った「メディック」

あるチェコ人は、車の中に「メディック」を置いて使用していました。その日は冬で雪が積もっていました。走っていると、急に正面から車が向かってきたので、間違いなく事故になると思ったそうです。
しかし、不思議なことに、その瞬間、時間がゆっくりと流れ出したと言います。彼はハンドルを切ってカーブし、向かってくる車をよけることができました。
車を止めると、変な匂いがしたので、何の匂いかを調べたら、「メディック」からでした。
ソマヴェディックシリーズの中で、「メディック」は、本体に他のタイプより5ミリほど厚い、強靭なガラスを使用しています。それが割れていたのです。
事故に遭いそうになった瞬間、「メディック」は衝突を避けるためのエネルギー的な処理を、急激に行いました。その負荷があまりに大きすぎて、処理機能をオーバーし、車を守ることは成功したものの、「メディック」自体が壊れてしまったのです。
車内にソマヴェディックを乗せていれば、事故に逢わないというわけではありません。ですが、普通なら大事故になるところを、ソマヴェディックによって、精神的ショックを受けるだけで済むこともあり得るのです。
********************************
interier_25.jpg














関連記事: 

イワンさんが語るソマヴェディックの特徴【Ⅰ】

6月16日より来日イベントを開始する「ソマヴェディック」の開発者であるイワンさん。
イワンさんが「ソマヴェディック」について語っている大変興味深い記事を全3回に分けてお届けいたします。
是非ご覧くださいませ。

イワンさんが語るソマヴェディックの特徴【Ⅱ】

6月16日より来日イベントがスタートしたイワンさん。
イワンさんが「ソマヴェディック」について語っている大変興味深い記事です。
今回は「驚きの機能と多彩なメリット」について!?
是非ご覧ください。