イベントのカレンダー

  • 9
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年

ペトラ・シュナイダー【季節のエネルギー】

リヒトウェーゼンの創設者、ペトラさんによる今の時期にぴったりの最善なエネルギーのご紹介記事です。
今の季節にぴったりのエネルギーとは?
是非お読みください。

********* ********* *****
<今回の季節>2018年1月中旬より


<今回のテーマ>
冷静さとセンタリングした状態を保ちましょう。観察して、実践して、方向性を決めましょう。
********* ********* ********* *********
time_energy_s.png
<今の時期に関連のある事柄>
 新たな構造を安定させる
 旅路はどこへ続いているのでしょう?さらなる可能性を見出しましょう。
 創造的・奇抜なアイデアに意識を向けましょう。
 自分自身の状態と周りの状況をきちんと見ましょう。
 動揺するような出来事があってもぶれないように意識しましょう。
 裏切られた期待による人間関係の重荷
 さらなる変容。掃除や片づけを続けましょう。
 自分自身に対して気遣いと忍耐と寛大さを持ちましょう。
 活動する時としない時(静かに過ごす)の間のバランスをとりましょう。
 思い焦がれる気持ち

<新たな構造を安定させる>
過去数週間、特に12月24日から1月6日までの期間は大きな変容の時期でした。特に変化を感じなかったとしても、ブロックの解消が起こっていたのです。この変容に気付いた人もいると思います。例えば、これまでは感情的になったり、逆にフリーズして(かたまって)しまうような物事に対して、これまでと異なる反応をしたり、異なる視点をもつに至ったり、新たな感覚を得たりしたことと思います。
この期間は新たな意志を統合する時です。このプロセスをサポートするコツは、自分自身の状態を眺めて冷静さを保つことです。そして、繰り返し、根気強く自分の内側に心の静かさと安定を保つ訓練をすることです。また、自分を責めたりせずに、忍耐と思いやりをもって、この新たな展開が根付くには時間がかかることを認識しましょう。自分にとって何が新しくなったのかは明白ですが、時折それがすり抜けて、これまでと変わっていないかのようにみえるかもしれません。(マハコハンのエッセンスがサポートになります。)

動揺するような出来事に動じないで、中立を保って自分を観察しましょう(注意力が必要)
今後数週間は、動揺したり気分を害するような出来事、或いはエキサイティングな事が起こる可能性があり、特別な実践の機会があるかもしれません。人間関係において期待が裏切られたり、ありがたくない事がのしかかる可能性もあります。こうした出来事は、私たちが「ニュートラルな観察者」としての側面を訓練するチャンスを与えてくれます。カフェに座って周りで起こる出来事を傍観するような感覚で、自分自身に訪れる感情や思考、自分が発する言葉や行なう行為、自分や他人に対する判断(もしくはジャッジ)、そして自らの判断(ジャッジ)に対する判断(ジャッジ)を眺めると良いでしょう。
自分自身と生じる物事を観察することは、厄介な事に巻き込まれたり、時期尚早な行動をしてしまったりすることを避けることにも役立ちます。何かが起こって自分を見失ってしまった時は、単に観察者の位置に戻るようにしましょう。自分を責めたり、何でそうなってしまったのだろうと考える必要はありません。ここでは、老子のエッセンスがサポートになります。
さらなるサポートとして、トンレン或いはハートの瞑想(本記事の「お勧めの瞑想」を参照)も良いでしょう。この瞑想はどのような状況でも使うことができます。車の運転中でも、買い物、歩行中でも・・・。これは特に動揺して自分の中心からぶれてしまった時に効果があります。2~3回呼吸を行ない、内なる動揺や外側の阻害要因を変容させることが可能です。

<掃除・片づけ>
今後数週間も引続き、内側と外側の掃除・片づけも大事です。他に完結させるべきことはあるだろうか?過去のどんな出来事にまだ心が煩わされているだろうか?他人や自分自身に対して、どのような事を許すことができていないだろうか?いざこざ、誤解、内面の緊張等が、変えるべき事への気付きを与え、新たな側面を迎えるための助けとなります。ここでも、トンレンの瞑想がサポートになります。(15番のサンジェルマンのエッセンスもサポートになります。)

<方向性を決める>
この時期は、人生の方向性を認識して決めることも鍵となります。今の段階はまだ「自分にとって何が大切か」「この旅はどこに続いているのか」「何を進めていくべきか」がテーマです。創造的で、新しくて、これまで違うアイデアが浮かんで最初はとまどうかもしれませんが、それはまだ馴染みがなく新しいからです。まずは、それを認識して、とりあえず取り込んで、検討してテストをしてみることです。何を採用するかはこの後のプロセスになります。

<思い焦がれる感覚>
この時期はまた、強い願望、何かに思い焦がれる感覚、例えば経済的な豊かさとかパートナーシップ、休暇をとること、静寂に身をおくこと、家庭の平和・・に意識が向く人もいるでしょう。この思い焦がれる感覚は、外側や物質的なものが多いでしょう。しかし、この1ヶ月は、自分自身に意識を向けて、自らの真の在り方や、なりたい自分を見つけることに取り組むことに適しています。
一つの方法ですが、その思い焦がれる感覚を「道」だとイメージして、その道はどこに続いているのか・・・例えば、休暇が欲しい、家が欲しい、パートナーが欲しい・・・と外側に向かっていくことが普通ですが、それを逆方向で行ないます。その願望そのものがどこから来ているのか、何から生じているのか、と問いかけてみましょう。

<活動する時としない時のバランス>
静寂に身をおきたい、人と接することを控えたい、という気持ちが強くなるかもしれません。この時期は、静と動の良いバランスを見つけることが大切です。静寂に身をおくことは、出来事や他人を異なる視点で眺める助けにもなります。(1番のマハコハンがサポートになります。)

<お勧めの瞑想>
以下にご紹介する瞑想は古代の瞑想法で、トンレンまたはハートの瞑想と呼ばれています。この瞑想を日常生活の中で、繰り返し実践することをお勧めします。特に、心が動揺した時は行ないましょう。

【やり方】
◇ 呼吸に意識を向けます。
◇ 第1のステップ: あなたのエネルギー場にある、あなたを悩ませているエネルギーの全てを、吸う息とともにハートに取り込みます。そのエネルギーはハートで変容し、吐く息とともに純粋な光・存在・意識としての流れが戻ってきます。
◇ 第2のステップ: あなたの周りにある全ての厄介な物事を、吸う息とともにハートに取り込み、そこで変容が起こります。吐く息とともに、純粋な光・存在・意識として外の世界へと流れていきます。

<サポートになるリヒトウェーゼンのエッセンス>
マハ・コハン、アセンデットマスターエネルギー、エッセンススプレー30ml
マハ・コハン、アセンデットマスターエネルギー、オイル30ml
セントジャーメイン、アセンデットマスターエネルギー、エッセンススプレー30ml
セントジャーメイン、アセンデットマスターエネルギー、オイル30ml
老子、アセンデットマスターエネルギー、エッセンススプレー30ml
老子、アセンデットマスターエネルギー、オイル30ml

time_plane.jpg

関連記事: 

ペトラ・シュナイダー【季節のエネルギー】

リヒトウェーゼンの創設者、ペトラさんによる今の時期にぴったりの最善なエネルギーのご紹介記事です。
今の季節にぴったりのエネルギーとは?
是非お読みください。