イベントのカレンダー

  • 5
  • 20
東京・名古屋・京都 ::: 2018年5月20~27日来日  お申込受付中!
  • 6
  • 2
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月2~10来日詳細準備中
  • 9
  • 8
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年秋来日予定

ペトラ・シュナイダー【季節のエネルギー】

リヒトウェーゼンの創設者、ペトラさんによる今の時期にぴったりの最善なエネルギーのご紹介記事です。
今の季節にぴったりのエネルギーとは?
是非お読みください。

********* ********* *****

<今回の季節>2018年4月初旬より


<今回のテーマ>
成長のエネルギーを活用する

********* ********* *****
time_energy_s.png
自然界で様々なものが成長して花開く時期です。そのエネルギーが私たちのことも後押ししてくれます。ある友人がこのエネルギーを、日本の鉄道の駅で、人が駆け込んで満員の車内に自分の体を押し込む様子に喩えました。
この時期、視野が明確になり、どこに行きたいのか、次のステップは何なのかがわかってきます。中には、自分が役立たずだという思い込みが後押しになったり、自分がやっていることはもう必要とされていないという気持ちになる人もいるでしょう。
そぐわなくなった同意や妥協、阻害要因になるような状況、不明瞭な状況に気付くことが容易になります。そこから課題を見出し、新たな取り組み方や解決法を知ることができます。しかしながら、この「押される」感覚は、感情がすぐに沸騰する要因にもなります。ですから何かをハッキリさせようとしたり、争う場面では事が激しくなる可能性があります。傷ついたり攻撃されたと感じた時は、対話の準備を行なって自らを客観視することが手助けになります。つまづくような出来事が起こった際は、静かに中心軸を保ったり、中心軸に戻るために自らの感情を脇においたりして、後になって自然に物事が明確になるのに任せるようにしましょう。ハリケーンの目のたとえが役に立ちます。嵐に遭遇した際は、冷静さを保ち自らを客観的に眺めることです。
この時期に大切なことは、成長のパワーを活かして活動的になり、自らの場を確保してビジョンを実現するために必要なことを行なうことです。

さらなるキーワードは以下の通りです。
よく晴れた日々と過労、自らの場を確保する、自らの真実に寄り添う

今の時期に関連のある事柄
 晴れの日と極度の疲労感
 深い浄化
 困難と停滞
 プロジェクトを完了させる
 自らの真実に寄り添う
 自らの場を確保する

晴れの日と極度の疲労感
今回も再び、身体と健康の話題から入りたいと思います。というのも、病気や深い浄化の時期はまだ終わっていないからです。病気にかかったり、弱ったり、疲れ切ったように感じたりパワー不足を感じる人がまだいるでしょう。でも、その合間にも、活気や強さや意欲を感じる「晴れの日」も顔を出すことでしょう。
私の認識では、現時点では地球エネルギーが「開花」のエネルギーを放出しているにもかかわらず、そのエネルギーからの栄養摂取が不足していることも疲労感の要因だと感じています。
そのため、自然の中で体を動かしたり、スポーツをしたり、体に良い食物と摂ったり、地球のエネルギーを吸収するためのエネルギーワークを活用することが良いでしょう。(No.34のエルデ(土)のエッセンスがサポートになります。)

深い浄化
私の認識では、この時期はブロックとなっている行動や思考パターンを根っこから解消するプロセスがまだ続いています。ブロックは、私たち自身と他人の双方にある強烈な感情と関わりがあります。時折、揺さぶられる感覚があるでしょう。古いパターンやストーリーが再燃するかもしれません。それが問題となる可能性もありますが、それは変容と解放をサポートすることを確認させてくれる事象です。「世の中」や他人とのコミュニケーションの仕方も変わりつつあります。他人がどう反応するかをより良く理解することができるようになり、自分と他人の振る舞いのつながりに気付くことができるようになります。ブロックが変容すると、これまでとは異なる行動をすることや、違った行動を試すことが容易になり、自分の反応や他人の反応を探ることが楽にできるようになります。変化のスピードが速くて、変化した自覚がないこともあるでしょう。とにかく、私たちの中で、新たなものに光が当たるようになります。

困難や停滞が終わる
最近は、楽な流れではありません。プロジェクトがうまくいかなかったり、予期せぬ困難やミスが発生したり、意見の対立や誤解が生じたり、重要な事柄を忘れたり見落としたりする傾向があります。偽りの妥協や行動を、これまでは見逃すことができたかもしれませんが、それを理解すべき時期にきています。自分自身や状況を明確にして、新たなものを迎えるためのスペースをつくる時期です。プロセスや同時存在の再構築が、これまでとは異なった形で起こる可能性があります。必要であれば、それが強調されます!(No.14 ビクトリーがサポートになります)プロジェクトや人生の一幕が終わる可能性もあります。
私の認識では、イースター/4月初旬の後にエネルギーに変化が生じます。その後、物事が上向きになるでしょう。ただし、それ自体も葛藤や衝突を生む可能性があります。

自らの場を確保する
困難な体験や変化を、自らの場と使命を見直し変えるチャンスとして活用することができます。自らに課した制限や限界を、外側の世界で強烈に体験する可能性があります。この時期のエネルギーが、境界を越えて自らの場を認識して確保することを助けてくれます。新たな事が目の前にあらわれた時、それに関わる勇気を与えてくれます。(No.16のヒラリオンがサポートになります)抵抗があったとしても、自らの場を確保することに対して責任をもつことが重要です。
(No.14のビクトリーがサポートになります。)

自らの真実に寄り添う
この時期はまた、自らの真実のために、自分が正しいと思う事に対して立ち上がり、自分の為すべき事に忠実であることが大切です。そうするには積極的であることや周到なアプローチが必要です。(No.14のビクトリーがサポートになります。)考えやゴールについて繰り返し自問し、内側外側の両方からくる疑問を活用することによって、自分が何のために存在しているのか、他人との関わりで何が重要なのか、「世の中」で何を成し遂げたいのかがどんどん明確になるでしょう。個人の使命も明確になるでしょう・・・それを受け容れるとしたら。

お勧めの瞑想
以下にご紹介する瞑想は古代の瞑想法で、トンレンまたはハートの瞑想と呼ばれています。この瞑想を日常生活の中で、繰り返し実践することをお勧めします。特に、心が動揺した時は行ないましょう。

やり方
◇ 呼吸に意識を向けます。
◇ 第1のステップ: あなたのエネルギー場にある、あなたを悩ませているエネルギーの全てを、吸う息とともにハートに取り込みます。そのエネルギーはハートで変容し、吐く息とともに純粋な光・存在・意識としての流れが戻ってきます。
◇ 第2のステップ: あなたの周りにある全ての厄介な物事を、吸う息とともにハートに取り込み、そこで変容が起こります。吐く息とともに、純粋な光・存在・意識として外の世界へと流れていきます。

<サポートになるリヒトウェーゼンのエッセンス>
インテグレーション エッセンス、エッセンススプレー30m
ビクトリー、アセンデットマスターエネルギー、エッセンススプレー30ml
ビクトリー、アセンデットマスターエネルギー、オイル30ml
ヒラリオン、アセンデットマスターエネルギー、エッセンススプレー30ml
ヒラリオン、アセンデットマスターエネルギー、オイル30ml


time_plane.jpg

関連記事: 

ペトラ・シュナイダー【季節のエネルギー】

リヒトウェーゼンの創設者、ペトラさんによる今の時期にぴったりの最善なエネルギーのご紹介記事です。
今の季節にぴったりのエネルギーとは?
是非お読みください。