イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

河津美希:マンボヤの感想<Spruce トウヒ>

セルフ・ルネサンス協会代表セラピスト河津美希が「マンボヤ」フラワーエッセンスのティスティングで感じた感想、身体感覚、他の方のテイスティングの感想をシェアさせていただきます。


エッセンス名:Spruce トウヒ(祖父 長老) 

ファミリー・アーキタイプシリーズ
ブランド名:マンボヤフラワーエッセンス


【男性の尊厳】
《テイスティングで感じた感想》
「母親」「祖母」のフラワーエッセンスをテイスティングした後に
気になったのは、「父親」「祖父」です。

しかし、アーキータイプには「父親」はないのです。
早速、トウヒ(長老)「祖父」のエッセンスを試してみました。

優しく力強い。
安心。
後ろ盾。
肉体的にも精神的にも強い男性で、
決して身構えず緩んでいる。
幼い頃に、怖い時、自信がない時に、
父の後ろに隠れた時の安心感。
心が迷いなく、しっかりして自信を持っている様な。
自分が強くなった様に感じる事ができる。
エネルギーが上に、ゆらゆら上がる様な。
火の様なエネルギー。
しっかり地に足がつく。
瞑想時、しっかりグラウンディングできる。
瞑想後や夢に囚われてしまい、戻りにくい時に。
知恵深く、優しさも持ち、精神も強いが、厳しすぎない。
保護が必要と感じている時に。
自信をもたせてくれる。

カウンセリングをしていると、
息子と父親の関係で、息子が繊細なタイプの場合、
父親の強さが時に、息子にとって強すぎると感じる事があります。
このエッセンスは、そんな父親が息子に接する時に、
余裕を与えてくれる様に感じます。

部下を持つ上司、責任ある立場の人にも。
周りの人達が反対意見ばかりで、仲間がいな中、決断する時。
逆境の時。
忍耐強さ。粘り強さ。
忍耐力がいる仕事の時に。
急ぎの仕事を抱えている時に。
金銭的な豊かさ、余裕、蓄え。
おこずかいをねだってもいい様な、甘えられる豊かな頼れる男性。
a.jpg


《身体感覚》
味が甘く感じるが、祖母の時に感じた蜂蜜の様な甘さではなく、
すっきり甘い感じ。

《メモ》
私は、おじいちゃんの存在を知りません。
このエネルギーを感じると、母が尊敬していた
おじいちゃんは、こんな人だったのではないかと感じる事ができます。

おじいちゃんは賢く、優しくて決して怒る事がなかったそうです。
村では、村長の様な仕事をして、
多くの人達に頼られて、無償で助けていたそうです。
何かした事に対して、見返りを求める事もなかったそうです。

母親に再確認する為に電話をすると、
「そうそう。ああしろ、こうしろと言わない人で
背中で教える様な人だったわ。」
と母は、おじいちゃんを懐かしく、尊敬の念を持って話してくれました。

「本当、素晴らしい人だったのよ。
あなたに、一度会わせたかった。」
と母は最後に言っていました。

母の父親、私にとってのおじいちゃんは、
このエッセンスを、
飲んだ時に感じたイメージそのものでした。

孫である私も、こんなおじいちゃんが居た事を、
誇りに感じる事ができました。
この様に、おじいちゃんを知らない私に、
祖父との距離を近くに感じさせてくれたのも
このエッセンスのおかげでしょう。

また、このエッセンスをお風呂に入れてみました。
すると、夕暮れの軒先で、2人のおじいちゃんの、
膝の上に座っている幼い自分を感じました。
幼い私に足りなかった、おじいちゃんの存在を
埋め合わせしてくれるような、
ほんわかさとした幸福を感じました。

まるで、それはおじいちゃんの魂が側に居るような感覚でした。

私の父親方のおじいちゃんは、
戦争に行って亡くなっています。

今、豊かな私達は、その延長線上に存在しています。
おじいちゃんと戦争に関わった方々に、
ただ頭が下がる思いを感じました。

カウンセリングをしていても、
今日、日本は戦争を経験した世代と比べると、
一家での父性の影響力が低くなっていると感じます。

この時代の父性の中にも、
良い面、良くない面もあります。
しかし、現在、父親である人達には、
この時代の父性の良いところを、
このエッセンスが、
自分の中に呼び込む助けをしてくれるでしょう。

そして、家庭内でなんらかの事情で、
父親の様な役目もしている人が飲んでみると、
精神的に成熟し、余裕のある理想的な男性像が
理解できる様にサポートしてくれるのではないでしょうか。

まさに、理想の男性像のエネルギーです。
c.jpg

また、私の様に育ってくる環境の中で、
おじいちゃんを知らない人にもいいと感じました。

父親と幼い頃に別かれている。
父親が忙しく不在が多く、あまり接点がない子供に。
そして、そのパートナーの奥様にも。

女性は、こんな男性が家庭にいてくれたら安心できると感じました。

パートナーと不仲な人や、
いつも問題を起こすパートナーと一緒にいる人にも、
このエネルギーは助けになると感じます。

そして、興味深いのはこのエッセンスを試した後に、
2人の女性が、男性に対して、
敬意を持つ必要があると感じたと話していました。
そして、もっとパートナーを立ててあげようと感じたそうです。

これは、私自身も感じていたので、
男性と競争したり、主導権を争うような
女性にも、このエッセンスは役に立つかもしれません。



《他の意見》

夕暮れのオーストラリアのエアーズロックが浮かびました。
これを解釈すると、山登りは山を登るチームで支え合ったり、
励ましあったりするので、チームーワークを整える。
山登りに遅れている人を待ってあげたり、
励ます、そして優しい言葉をかけてあげるようなイメージ。

つまり家族の絆、調和。
または、ある程度人数が集まっているチームの人間関係を良好にする。
リーダーシップを取る人や、他人の上に立つ人に。

また、夕暮れは淋しい感じがするので、
病気の人に生命力を与える感じ。
病院にいると、家に帰りたくなるので、
ホームシックになっている人を癒してあげる。
家族から離れている人を癒す。
そんなイメージのエッセンスに感じました。

あるクライアントさんは、キネシオロジーテストで選ばれた、
このエッセンスをすぐに飲んで、おじいちゃんを思い出しましたと涙されました。
そして、おじいちゃんとの思い出を少しだけ語ってくれました。

また、その次のカウンセリングでも、同じ手法でエッセンスを選ぶと、
まだこのエッセンスを必要としていました。
この時は、更に、祖母のエッセンスも一緒に選ばれました。

d.jpg


《クライアントさんの事例》
あるクライアントさんは、
男とは、人間とは何かを、両親から教えてもらわなかったそうです。
しかし、自分のおじいちゃんは、
幼い自分に、理解できない哲学的な事を話してくれる人だったそうです。

その時には、あまりにも幼くて、おじいちゃんの言っている意味は
全く理解はできませんでした。
今も、内容や言われた言葉は思い出せないけれど、
おじいちゃんの言わんとしていた、
スピリットの様な物を今は理解できますと話してくれました。

そんなおじいちゃんが、今も側に居てくれる様なエッセンスです。


《注意》
こちらは全て個人的な感想です。
全ての人達に同じ様な感覚が得られる訳ではございません。
少しでもエッセンス選びのご参考になれば幸いです。

詳しい内容、それぞれのエッセンスの特徴は、
エッセンスのご説明文をご参照くださいませ。

Spruce トウヒとその他のマンボヤ・フラワーエッセンスの製品説明は こちらです>>

マンボヤ・フラワーエッセンスの創設者ディレック・アルブロット氏の来日情報を ご覧ください>>

関連記事: 

河津美希:マンボヤの感想<Birch樺(カバ)の木>

セルフ・ルネサンス協会代表セラピスト河津美希が「マンボヤ」フラワーエッセンスのティスティングで感じた感想、身体感覚、他の方のテイスティングの感想をシェアさせていただきます。

河津美希:マンボヤの感想<Pear 西洋梨>

ひとまず休憩しなさい。静かな安心できる場所。幼い頃に誰もが知っている母の胸の中の様な安心感。深く眠った後の様な。肉体、精神のリラックスに。

河津美希:マンボヤの感想<Mugwort マグワート>

女性の持っている強さを出す事を怖がらないでください。
女性にとって、弱さは美徳ではありません。強さ、勇気は自立した女性に必要な要素の1つです。

河津美希:マンボヤの感想<Saint John's Wort セイヨウオトギリソウ>

気軽にいこうぜ!と皆んなの肩を叩く永遠の少年の様です。このエッセンスをお勧めするのは、
こんなユーモアある人と、青春時代を過ごせなかった人に。いじめられていた人に。
思春期に入った、難しい子供にもいいのではないかと感じました。

マンボヤ・フラワーエッセンス

フラワーエッセンスのマンボヤ(Mamboya)をご紹介します!

当社にて、日本では初めての卸販売をスタート致します。

河津美希<ディルク氏のセッションを受けた感想>

ディルクさんのセッションの中には、余分な物は何もありません。とてもシンプルです。
そして、エッセンスをその人の為に愛を持ち、そして確実に深いレベルから選ぶ手法です。
クライアントさんの言葉を本当かどうかを再確認するように、クライアントさん自身の身体に聞いてエッセンスを選びます。