イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

松川サリー:マイケルの愛と光のパワー

2009年6月25日、マイケル・ジャクソン突然の訃報は、衝撃と悲しみをもって
世界を駆け巡り、未だにその存在は人々の心に大きく残り、
多くのファンを魅了し続けている。

そしてマイケル亡き後に始まった、
必然的にミルカのセミナーに参加した松川サリーによるスピリチュアル体験と、ミルカ・パヴェルコヴァのチャネリング。彼が今一番伝えたい事とは・・・。

自分自身の使命について考えることを忘れないでください。
「誰か」や「何か」を盲目的に崇拝することのないように、
自分と神、あるいは私たちが進み続ける先にある光を信じるようにしましょう。
愛と共感の心だけが、私たちを救う力を持つのです――これが僕からのメッセージです。


松川サリー

.

マイケル・ジャクソン そのスピ的考察④
.
.<マイケルの愛と光のパワー>

.

ミルカさんが伝えてくださっているメッセージを見ても分かるように、マイケル・ジャクソンの魂は、どうしてもどうしても、魂、スピリチュアルの真相というものを伝えよう伝えようとする、そして、真実と光の方向へと人を向かわせるようです。

私が、マイケルを通じて知り合った人々は、そのほとんどの方々が、なぜか理由もわからないまま、マイケルに強烈に惹かれていった、と話します。寝ても覚めても、マイケルのことが頭から離れない、という経験をしている人も多かったようです。私も似たような体験をしました。
そのような愛の体験は、不思議なことに、マイケルが亡くなってからファンになった人たち、すなわち、死後ファンに多かったと断言しても良いでしょう。
もともとファンだった人たちには、彼の死はショッキングなものでした。
別の人たちにとっては、新たに知る、マイケル・ジャクソンというスーパースターの人生であり、パフォーマンスであり、これまで誰も教えてくれなかった彼の愛深き行為、だったのです。ゆえに、それらは新鮮だったのでしょう。感動したり、もっともっと彼について知りたくなったり、彼の残した作品やメッセージから、愛について学ぼうとしたりしていました。また、自分にも、彼の遺志を継いで、何か、社会のために、世界のために、できるのではないか、と考え、実際、行動に移していく人たちもいました。

振り返ってみますと、マイケルが亡くなったその日、不可思議な体験をした、という人もいます。それらは、個人的なことだったり、自然現象的な、或いは、地球規模的なことだったりしました。
私は、明らかに、地球全体の波動が揺らいだのだ、と確信していました。

死後ファンたちは、マイケルのことを知っていけばいくほど、霊的感覚、あるいは、愛の感覚に敏感となり、その先に、光を見い出していきました。
私は、そうした人々を、目の前で目撃し、私自身の魂で感じていくなかで、非常に大きな感銘を受けていました。
マイケルの持つパワーが、そうさせている、という実感がありました。

マイケルとの交信が始まってから、私が体験したのは、まさに、ファンの人々が次々と目覚めていく、そういった姿だったのです。

その奇跡のなかで、また、私自身、奇跡を体感していました。
私も、自分の喜びが増していくのを感じ、いわゆるアセンションというものがあるのなら、それはこのような感覚を伴うのではないか、今その入り口に立っているのではないか、そうした波動の動きさえ感じていました。

マイケル、あなたは、十分に、その突然の死というイベントによって、そして、あなたが残してくれた名曲の数々、たくさんの言葉によって、ファンの人々に、死後には、かつてファンでなかった人々にも、スピリチュアルについて何か思いを致してみる機会を投げかける、という奇跡を与えています。

でも、そうですね。確かに、仕事をやり残してしまった、というあなたの後悔にも似た強い思いは、痛いほど伝わってきます。

邪魔もたくさん入りました。
暗闇に住む人々は、光が嫌いなのです。だから、あなたを葬り去ろうとしていました。

Copyright (C) 2012 松川サリー All Rights Reserved.