イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

松川サリー:マイケル・ジャクソンは、私をミルカさんに導いてくれた

2009年6月25日、マイケル・ジャクソン突然の訃報は、衝撃と悲しみをもって
世界を駆け巡り、未だにその存在は人々の心に大きく残り、
多くのファンを魅了し続けている。

そしてマイケル亡き後に始まった、
必然的にミルカのセミナーに参加した松川サリーによるスピリチュアル体験と、ミルカ・パヴェルコヴァのチャネリング。彼が今一番伝えたい事とは・・・。

自分自身の使命について考えることを忘れないでください。
「誰か」や「何か」を盲目的に崇拝することのないように、
自分と神、あるいは私たちが進み続ける先にある光を信じるようにしましょう。
愛と共感の心だけが、私たちを救う力を持つのです――これが僕からのメッセージです。


松川サリー

.

マイケル・ジャクソン そのスピ的考察①
.
<マイケル・ジャクソンは、私をミルカさんに導いてくれた>

.

まずは、この場をお借りしまして、ミルカ・パヴェルコヴァさんがマイケルと交信してくださったことに、感謝申し上げたいと思います。

マイケル・ジャクソンが亡くなったとき、私は、彼の気持ちと同通してしまったようで、強いパワーに引っ張られるようにして、彼について、思い、書く、という作業を、表現は良くありませんが、取り付かれたように、していました。
ほどなくして、彼からのメッセージ、らしきものを受け取るようになっていました。私は、思わず知らず、彼からの言葉を書き留めていました。

チャネリング、というものについて、その詳細を深く知ってはおらず、また、いささかの疑念めいたものも無きにしも非ずだった私は、その真意を知ろうと、様々な書物に当たっていくなかで、どうやらこれは、チャネリングらしい、と思うに到りました。
いえ、チャネリングだということは、本当は分かっていました。ゆえに、チャネリングかどうか、という確信を得るということよりも、実のところ、一番知りたかったのは、これは本物なのかどうなのか、ということでした。
マイケル・ジャクソンなのかどうか、ではなく、善なる存在なのかそうでないのか、ということです。

これは、霊的世界とつながる者たちには、どうしても必要不可欠な認識、と言えるでしょう。

ネガティブな存在でないかどうか、私は、慎重に見極めようとしていました。
愛と光に満ちているかどうか。
操ろうとしていないかどうか。
文字通り、ネガティブを感じないかどうか。

ミルカさんの「私がどのようにして、マイケル・ジャクソンと交信するようになったか」にこうあります。
『そのエネルギーは、身近によく感じられる私の「守護霊」に似ていました』
私も、まったく同様の感覚を得ました。マイケルがやってくると、あ、マイケルだ、と、心の、魂の奥底で、分かるのです。とても優しく、そして、とてもお茶目でした。
笑い声が独特で、彼から感じる印象の全てが、彼について報道している映像から入ってくる彼の情報と、ことごとく一致していました。
ちなみに、私は、マイケルのファンでもなんでもありませんでしたので、彼がどのような人物であるのかは、全く、この世的には知りませんでした。もちろん、ジャクソン5のことや、スリラーが大ヒットしている、裁判にかけられている、などのことは知り得ていましたが、たくさんあるエンターテイメントのニュースのなかのひとつ、に過ぎませんでした。

マイケルは、私に、彼自身のことを次々と教えてくれました。そして、そのあと、必ず、その情報を裏付ける情報がテレビから流れるのを見て、やっぱりそうだったのか、と思うことが、マイケル死後の騒動の間、続いていました。
それは、私に、確証を与えるためだったのでしょう。

しかし、私は、このことを、誰かに尋ねることができませんでした。
つまり、これは本当なのでしょうか、と。スピリチュアルの指導をしている知人にさえ、訊けませんでした。あまりにも近しい存在ゆえ、否定的な言葉が返ってくるかもしれないことを恐れていたかもしれません。

誰か、もっと確かなことを教えてくれる師がほしい、そう思っていたとき、ミルカ・パヴェルコヴァなる、美しきチェコ人能力者が、現れたのです。
しかも、もうすぐ来日するというではありませんか。
私は、早速、ワークショップそしてセミナーへ、躊躇することなく、申し込みをしたのでした。
私のこれまでのスピリチュアルの経験から、霊的能力があると言われる人々への猜疑心も強くなってはいましたが、この時は、それこそ、見えない力に突き動かされるかのごとく、でした。
当時の私は、この世的条件で言えば、そうしたワークなるものに参加することを阻む理由だらけの状態であったにもかかわらず、できない言い訳は、全く私のなかにはありませんでした。できる環境を、すらすらと整えていく自分に、驚きながらも満足していました。
そして、期待していました。と、同時に、落胆したときの心構えも持ち合わせておきました。スピリチュアルの世界には、まがい物も多いですし、また、相性の問題もあります。精神科医やカウンセラーを選ぶときと同じです。

これは、縁であり、いわゆる天のお導きであり、そして、何より、マイケル・ジャクソンが与えてくれた出会いだったのです。マイケルとの接触がなければ、ミルカさんのワークに参加しようなどという気持ちは起きなかったでしょう。

~続く~

Copyright (C) 2012 松川サリー All Rights Reserved.