イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

松川サリー:ミルカさんのチャネル

2009年6月25日、マイケル・ジャクソン突然の訃報は、衝撃と悲しみをもって
世界を駆け巡り、未だにその存在は人々の心に大きく残り、
多くのファンを魅了し続けている。

そしてマイケル亡き後に始まった、
必然的にミルカのセミナーに参加した松川サリーによるスピリチュアル体験と、ミルカ・パヴェルコヴァのチャネリング。彼が今一番伝えたい事とは・・・。

自分自身の使命について考えることを忘れないでください。
「誰か」や「何か」を盲目的に崇拝することのないように、
自分と神、あるいは私たちが進み続ける先にある光を信じるようにしましょう。
愛と共感の心だけが、私たちを救う力を持つのです――これが僕からのメッセージです。

.

.

.


松川サリー

.

マイケル・ジャクソン そのスピ的考察③
.
.<ミルカさんのチャネル>

.

二度も、しつこく、私は、ミルカさんとのセッションのなかで、マイケルについて尋ねたのでした。

それは、私自身が、多くの人々に、マイケルについて私が感じたこと、そして、マイケル自身からのメッセージ、をお伝えしていたので、自ずと、責任、というものを感じざるを得ない状況であったからです。

もし、私が間違ったことをしていたとしたら、それほど罪深いことはありません。この世で何が一番罪深いかと申しまして、魂を傷付けること、魂を堕落させること、そのように誘導すること、そのような霊的誤りは、この地上にあって肉を持った身であるがゆえに、ときに致し方のないことがあったとしても、慎重に避けていかなければなりません。それが、スピリチュアルの真っ当な道である、と私は、自らの経験上、考えてきたからです。

訂正があれば訂正したい、間違っていたのなら、そのようにお伝えしなければ、と思い続けてきました。

私は、ミルカさんから、マイケルが現れたのは、私を助けるのが目的だったこと、そして、彼はとてもピュアな魂だったけれど、最後に少しバランスを崩していたこと、等々のアドバイスをいただきました。
けれども正直、ミルカさんは、それほど、マイケルに興味があるようではありませんでした。むしろ、私が魂のバランスを崩しているようなときには、コンタクトには十分に注意するように、という助言もいただいていました。

そしてこの度、ミルカさんが、マイケルとコンタクトを取ったということを知り、そして、その翻訳された文面を読むに到りまして、私は、随分と図々しい質問を繰り返してしまっていたのだな、と申し訳なく思うと同時に、これが、マイケルの思いを世界に伝えることができるチャンスとなったことを嬉しく感じました。さらに、ミルカさんご自身も、『新しい重要な発見をした』『人生のモザイク、新たな情報のかけらがはめ込まれた』(「私がどのようにして、マイケル・ジャクソンと交信するようになったか」より)とおっしゃっていて、私の問い掛けが、ただしつこいだけの質問とならなかったことに感激した次第です。それどころか、『これがマイケルの魂から私(ミルカさん)への催促』(同上)となったということに、嬉しい気持ちでいっぱいです。

「私がどのようにして、マイケル・ジャクソンと交信するようになったか」にあるミルカさんからのメッセージには、学ぶべきルール、霊界通信をする人たちへの守るべき規則が、何気なく書かれています。
つまり、こうあります。
『(略)均衡すなわちカルマに配慮する理由から、それを行なってもよいという許しや、重要な動機がない限り、他の人々の魂の生には干渉しないことにしています』
『宇宙の法則は常に尊重するべきものという考えから、私はマイケルが送ってくるシグナルに注意を払いませんでした』
これは、マイケルとの関わりの経緯を説明してくださっているだけでなく、とても大切な、スピリチュアルに携わる私たちへの助言ともなっています。
非物質的存在たちには、レベルの差があるのも然ることながら、悪質な存在、意図的に悪質でなはなくとも浄化できずにそうなってしまっている存在たち、がいることも事実です。それゆえ、霊的世界とコンタクトを取る人々には、自分を守るためにも、また周囲への悪影響を押し留めるためにも、ミルカさんがお話しくださっている心構えは、とても大切な事柄である、と言えましょう。

ミルカさんのチャネリングは、とても誠実で、吟味されていて、そして、信頼性の高いものです。
信頼性が高い、という表現は、まことに失礼かもしれませんが、スピリチュアルにたくさん触れておられる方々はみなさんご存知であり、各々に感じておられると思います。つまり、ひと言でチャネリング、交信、霊的コンタクト、と言いましても、その質、レベル、真偽のほどは、様々である、ということを。

なかには、全くの嘘に近いものもあります。例えば、マイケル・ジャクソンだと感じたとしても、或いは、マイケル・ジャクソンだと名乗ったとしても、本人とは全く違う、別の非物質的存在、彷徨っている霊のいたずらであることもあるのです。
それは、霊的存在と交信しているのには違いなく、嘘だと断ずることはできません。が、それは、マイケル・ジャクソンではない、ということになります。
悪意を持った存在であれば、それは、チャネルをする本人にとっても、また、周囲の人々にとっても、知らぬ間に、その魂が危険に晒されるということになりかねません。

Copyright (C) 2012 松川サリー All Rights Reserved.