イベントのカレンダー

  • 12
  • 3
東京 ::: 2018年12月3~10日来日!
  • 3
  • 10
東京・名古屋・大阪・京都 ::: 2018年3月来日予定
  • 6
  • 10
東京・名古屋・京都 ::: 2018年6月来日予定

【ナディエ】ストップ・コック

チェコ共和国で1999年からの実績と100種以上の高品質の商品を誇るナディエ社のハーブエキス。全て100%オーガニックのハーブエキスを提供しており、大変人気です。

今回は、そのナディエ社の商品の一つ、「ストップ・コック」をご紹介します!

ナディエの「ストップ・コック」は、その名の通りストップ・コックという植物のブレンドエキスです。ストップ・コックとは、一体どのような植物なのでしょうか?

ストップ・コックとは?

ストップ・コックはセイヨウハコヤナギ、白柳、エゾウコギ、キンレンカ、ベータグルカンのブレンドエキスです。


a.jpgセイヨウハコヤナギ: ポプラとも呼ばれます。この植物の芽の薬効成分は、肝臓でサリチル酸へと変わるサリシンが豊富にあることに由来しています。これは、天然の「アスピリン」であり、鎮痛剤や抗血小板物質、解熱剤、抗炎症薬、抗痛風、抗リウマチといった属性があります。これらの属性により、リウマチや痛風に治療に使われます。また、抗炎症性、利尿効果、殺菌性の性質から、腎炎、膀胱炎、腎臓結石、気管支炎や風邪(咳や喉の痛みなど)といった呼吸器の異常で役立つとも言われています。


シロヤナギ: セイヨウシロヤナギの樹皮は、深刻な腰痛、発熱、流感、関節痛、骨関節症など、痛みや炎症を起こす症状に対して使用されます。セイヨウシロヤナギの樹皮は 胃壁への刺激が無いとされているため、アスピリンの代わりに服用されます。一般的に鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用、抗酸化作用、腰痛改善作用、関節リウマチの症状改善の作用、変形性の関節症改善の作用が期待されていると言われています。


b.jpgエゾウコギ: エゾウコギはシベリア人参とも呼ばれるウコギ科エゾウコギ族の薬用植物であり、性質や効能が一般的な朝鮮ニンジンと類似しています。根のエッセンスは治療的な目的で広く使用されており、強壮効果があると言われ、心臓血管系作用や気分の高揚、エネルギーの増強などの効果ももたらします。また、エゾウコギの効能は同じウコギ科の高麗人参よりも高く、滋養強壮や抗ストレス作用があると言われています。さらに、反射神経、持久力、集中力を高め運動能力を向上させる作用に加え、鬱病にも効果があるとされる。


c.jpgキンレンカ: ナスタチウムとも呼ばれる南アフリカ原産の植物で、昔から消毒液や呼吸器の不快感を和らげるなど、多くの薬効が期待できる植物でもあります。抗菌効果、育毛を促進する効果、傷の治りを早める効果、美白効果などが期待されます。



d.jpgベータグルカン: β-グルカンとは、キノコなどに多く含まれている成分です。免疫力を高め、コレステロール値上昇抑制などの効果があると言われています。多くの可能性を秘めている成分として現在でも研究が進められ、がん治療にも応用されている成分です。






(参考文献)
http://www.botanical-online.com/english/poplar.htm
http://supple.body-power.net/modules/supplement/herb/white-willow.html
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/b-glucan/
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/nasturtium/