世界、唯一なところーチェコ共和国ーでしか取れない、
特に第4と第6のチャクラに最適なパワーストーン
・私達人間に最も重要な、ハートチャクラの活性化
・自己の心を開き、愛・幸福・感謝などの感情をより強化
・自己の心を通し、守護されたまま、宇宙とのワーク
・直観力、集中力、記憶力、想像力を高める

モルダバイト:歴史と伝説








〇モルダバイトは「グレール・ストーン」としても知られ、
中世ヨーロッパから伝わる聖杯伝説の一説では、「最後の晩餐」の時に
用いられた杯、あるいは十字架に架けられたイエスの血を受けた聖杯は
堕天使ルシフェルが天国から追放された際、その冠から落ちた緑色の石で
出来ていると伝えられている。
この石は恐らくエメラルドだが、モルダバイトであると信じている人も少なくない。

〇中世になると、ペンダントや各種の装飾品として用いられる。
1891年ボヘミア宝石展に初出展されたが、新しい宝石として認識されるよう
になったのは、宝石のカットや研磨の技術がほぼ完成された20世紀初頭と言われる。

〇19世紀の終わり頃、アクセサリーリストに入る。

〇20世紀初め、ガラス瓶を使った偽物により、人気は低下するものの、
 1960~70年代にかけて人気復活。

〇1960年代には、スイス政府がエリザベス2世の10周年記念として、
 モルダバイトをあしらった冠を贈った。